かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック
垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約

-クリニックについて-

代表論文・業績

About us

垂水区 かわかみ整形外科クリニックTOP > クリニックについて > 代表論文・業績

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 かわかみ整形外科クリニック

 
かわかみ整形外科クリニック ロゴマーク
Medical papers
代表論文・業績
  
  

 

 

 

 

A Cell-free Biodegradable Synthetic Artificial Ligament for the Reconstruction of Anterior Cruciate Ligament (ACL) in a Rat Model.
Kawakami Y, Nonaka K, Fukase N, Amore A, Murata Y, Quinn P, Luketich S, Takayama K, Patel KG, Matsumoto T, Cummins JH, Kurosaka M, Kuroda R, Wagner WR, Fu FH, Huard J.Acta Biomater. 2020 Oct 28:S1742-7061(20)30635-8. doi: 10.1016/j.actbio.2020.10.037.
Acquisition of cancer stem cell properties in osteosarcoma cells by defined factors.
Fujiwara S, Kawamoto T, Kawakami Y, Koterazawa Y, Hara H, Takemori T, Kitayama K, Yahiro S, Kakutani K, Matsumoto T, Matsushita T, Niikura T, Koyanagi-Aoi M, Aoi T, Kuroda R, Akisue T.Stem Cell Res Ther. 2020 Oct 2;11(1):429. doi: 10.1186/s13287-020-01944-9.PMID: 33008481
Boron neutron capture therapy for clear cell sarcoma.
Komatsu M, Yamamoto N, Kawamoto T, Kawakami Y, Hara H, Uemura S, Fujimoto T, Suzuki M, Sudo T, Fujita I, Sakuma T, Sakurai Y, Hirose T, Morishita M, Takata T, Tamari Y, Tanaka H, Andoh T, Kawamoto T, Hara H, Fukase N, Kawakami Y, Shigemoto R, Matsumoto T, Ichikawa H, Ono K, Kuroda R, Akisue T.Appl Radiat Isot. 2020 Dec;166:109324. doi: 10.1016/j.apradiso.2020.109324. Epub 2020 Aug 3.PMID: 32861973
Extraskeletal Para-articular Osteochondroma of the Ankle Joint in a Child: A Case Report.
Kawakami Y, Hara H, Kawamoto T, Niikura T, Kuroda R, Akisue T.JBJS Case Connect. 2020 Apr-Jun;10(2):e0274. doi: 10.2106/JBJS.CC.19.00274.PMID: 32649094
Soft tissue tumor with novel NR1D1-MAML1 fusion in a pediatric case.
Komatsu M, Yamamoto N, Kawamoto T, Kawakami Y, Hara H, Uemura S, Nishimura N, Akisue T, Kuroda R, Iijima K, Jimbo N, Kanzawa M, Kajimoto K, Itoh T, Hirose T.Virchows Arch. 2020 May 31. doi: 10.1007/s00428-020-02838-0. Online ahead of print.PMID: 32474730
Prognostic influence of the treatment approach for pulmonary metastasis in patients with soft tissue sarcoma.
Kawamoto T, Hara H, Morishita M, Fukase N, Kawakami Y, Takemori T, Fujiwara S, Kitayama K, Yahiro S, Miyamoto T, Fujimoto T, Fujita I, Kakutani K, Matsumoto T, Matsushita T, Niikura T, Kuroda R, Akisue T.Clin Exp Metastasis. 2020 Aug;37(4):509-517. doi: 10.1007/s10585-020-10038-y. Epub 2020 May 20.PMID: 32436018
Reduced nucleotomy-induced intervertebral disc disruption through spontaneous spheroid formation by the Low Adhesive Scaffold Collagen (LASCol).
Takeoka Y, Yurube T, Morimoto K, Kunii S, Kanda Y, Tsujimoto R, Kawakami Y, Fukase N, Takemori T, Omae K, Kakiuchi Y, Miyazaki S, Kakutani K, Takada T, Nishida K, Fukushima M, Kuroda R.Biomaterials. 2020 Mar;235:119781. doi: 10.1016/j.biomaterials.2020.119781. Epub 2020 Jan 11.PMID: 31981764
A novel EWSR1-VGLL1 gene fusion in a soft tissue malignant myoepithelial tumor.
Komatsu M, Kawamoto T, Kanzawa M, Kawakami Y, Hara H, Akisue T, Kuroda R, Nakamura H, Hokka D, Jimbo N, Itoh T, Hirose T.Genes Chromosomes Cancer. 2020 Apr;59(4):249-254. doi: 10.1002/gcc.22823. Epub 2019 Nov 18.PMID: 31697442
Gemcitabine and docetaxel combination chemotherapy for advanced bone and soft tissue sarcomas: protocol for an open-label, non-randomised, Phase 2 study.
Hara H, Kawamoto T, Fukase N, Kawakami Y, Takemori T, Fujiwara S, Kitayama K, Nishida K, Kuroda R, Akisue T.BMC Cancer. 2019 Jul 23;19(1):725. doi: 10.1186/s12885-019-5923-7.PMID: 31337342
Rapamycin Rescues Age-Related Changes in Muscle-Derived Stem/Progenitor Cells from Progeroid Mice.
Kawakami Y, Hambright WS, Takayama K, Mu X, Lu A, Cummins JH, Matsumoto T, Yurube T, Kuroda R, Kurosaka M, Fu FH, Robbins PD, Niedernhofer LJ, Huard J.Kawakami Y, et al.Mol Ther Methods Clin Dev. 2019 May 30;14:64-76. doi: 10.1016/j.omtm.2019.05.011. eCollection 2019 Sep 13.Mol Ther Methods Clin Dev. 2019.PMID: 31312666 Free PMC article.
Anterior Cruciate Ligament-Derived Stem Cells Transduced With BMP2 Accelerate Graft-Bone Integration After ACL Reconstruction.
Kawakami Y, Takayama K, Matsumoto T, Tang Y, Wang B, Mifune Y, Cummins JH, Warth RJ, Kuroda R, Kurosaka M, Fu FH, Huard J.Kawakami Y, et al.Am J Sports Med. 2017 Mar;45(3):584-597. doi: 10.1177/0363546516671707. Epub 2016 Dec 14.Am J Sports Med. 2017.PMID: 27903590
mTOR signaling plays a critical role in the defects observed in muscle-derived stem/progenitor cells isolated from a murine model of accelerated aging.
Takayama K, Kawakami Y, Lavasani M, Mu X, Cummins JH, Yurube T, Kuroda R, Kurosaka M, Fu FH, Robbins PD, Niedernhofer LJ, Huard J.Takayama K, et al. Among authors: Kawakami Y.J Orthop Res. 2017 Jul;35(7):1375-1382. doi: 10.1002/jor.23409. Epub 2016 Sep 22.J Orthop Res. 2017.PMID: 27572850 Free PMC article.
Therapeutic Potential of Endothelial Progenitor Cells in the Field of Orthopaedics.
Kawakami Y, Matsumoto T, Mifune Y, Fukui T, Patel KG, Walker GN, Kurosaka M, Kuroda R.Kawakami Y, et al.Curr Stem Cell Res Ther. 2017;12(1):3-13. doi: 10.2174/1574888x11666160810102945.Curr Stem Cell Res Ther. 2017.PMID: 27515324 Review.
Intermediate-Term Comparison of Posterior Cruciate-Retaining Versus Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty Using the New Knee Scoring System.

Kawakami Y, Matsumoto T, Takayama K, Ishida K, Nakano N, Matsushita T, Kuroda Y, Patel K, Kuroda R, Kurosaka M.Kawakami Y, et al.Orthopedics. 2015 Dec;38(12):e1127-32. doi: 10.3928/01477447-20151123-03.Orthopedics. 2015.PMID: 26652335 Clinical Trial.

Item in Clipboard
The effect of blocking angiogenesis on anterior cruciate ligament healing following stem cell transplantation.
Takayama K, Kawakami Y, Mifune Y, Matsumoto T, Tang Y, Cummins JH, Greco N, Kuroda R, Kurosaka M, Wang B, Fu FH, Huard J.Takayama K, et al. Among authors: Kawakami Y.Biomaterials. 2015 Aug;60:9-19. doi: 10.1016/j.biomaterials.2015.03.036. Epub 2015 May 14.Biomaterials. 2015.PMID: 25965282

 

Tissue engineering of ligaments for reconstructive surgery.
Hogan MV, Kawakami Y, Murawski CD, Fu FH.Hogan MV, et al. Among authors: Kawakami Y.Arthroscopy. 2015 May;31(5):971-9. doi: 10.1016/j.arthro.2014.11.026. Epub 2015 Jan 21.Arthroscopy. 2015.PMID: 25618491 Review.
Local intra-articular injection of rapamycin delays articular cartilage degeneration in a murine model of osteoarthritis.
Takayama K, Kawakami Y, Kobayashi M, Greco N, Cummins JH, Matsushita T, Kuroda R, Kurosaka M, Fu FH, Huard J.Takayama K, et al. Among authors: Kawakami Y.Arthritis Res Ther. 2014 Nov 17;16(6):482. doi: 10.1186/s13075-014-0482-4.Arthritis Res Ther. 2014.PMID: 25403236 Free PMC article.
SDF-1/CXCR4 axis in Tie2-lineage cells including endothelial progenitor cells contributes to bone fracture healing.
Kawakami Y, Ii M, Matsumoto T, Kuroda R, Kuroda T, Kwon SM, Kawamoto A, Akimaru H, Mifune Y, Shoji T, Fukui T, Kurosaka M, Asahara T.Kawakami Y, et al.J Bone Miner Res. 2015 Jan;30(1):95-105. doi: 10.1002/jbmr.2318.J Bone Miner Res. 2015.PMID: 25130304 Free article.
Involvement of ERCC1 in the pathogenesis of osteoarthritis through the modulation of apoptosis and cellular senescence.
Takayama K, Kawakami Y, Lee S, Greco N, Lavasani M, Mifune Y, Cummins JH, Yurube T, Kuroda R, Kurosaka M, Fu FH, Huard J.Takayama K, et al. Among authors: Kawakami Y.J Orthop Res. 2014 Oct;32(10):1326-32. doi: 10.1002/jor.22656. Epub 2014 Jun 25.J Orthop Res. 2014.PMID: 24964749 Free PMC article.
A small interfering RNA targeting Lnk accelerates bone fracture healing with early neovascularization.
Kawakami Y, Ii M, Matsumoto T, Kawamoto A, Kuroda R, Akimaru H, Mifune Y, Shoji T, Fukui T, Asahi M, Kurosaka M, Asahara T.Kawakami Y, et al.Lab Invest. 2013 Sep;93(9):1036-53. doi: 10.1038/labinvest.2013.93. Epub 2013 Jul 29.Lab Invest. 2013.PMID: 23897412 Free article.
Local transplantation of ex vivo expanded bone marrow-derived CD34-positive cells accelerates fracture healing.
Kawakami Y, Ii M, Alev C, Kawamoto A, Matsumoto T, Kuroda R, Shoji T, Fukui T, Masuda H, Akimaru H, Mifune Y, Kuroda T, Horii M, Yokoyama A, Kurosaka M, Asahara T.Kawakami Y, et al.Cell Transplant. 2012;21(12):2689-709. doi: 10.3727/096368912X654920. Epub 2012 Aug 27.Cell Transplant. 2012.PMID: 22943882
The accuracy of bone tunnel position using fluoroscopic-based navigation system in anterior cruciate ligament reconstruction.
Kawakami Y, Hiranaka T, Matsumoto T, Hida Y, Fukui T, Uemoto H, Doita M, Tsuji M, Kurosaka M, Kuroda R.Kawakami Y, et al.Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2012 Aug;20(8):1503-10. doi: 10.1007/s00167-011-1726-3. Epub 2011 Oct 22.Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2012.PMID: 22020962
Treatment of non-union of a triquetral body fracture.
Kawakami Y, Fujioka H, Kurosaka M.Kawakami Y, et al.J Hand Surg Eur Vol. 2007 Dec;32(6):717-8. doi: 10.1016/J.JHSE.2007.05.011. Epub 2007 Aug 6.J Hand Surg Eur Vol. 2007.PMID: 17993442
骨巨細胞腫に対する治療成績

川上 洋平, 森下 雅之, 河本 旭哉, 原 仁美, 藤田 郁夫, 藤本 卓也, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1361 - S1361 2019年6月
手指、足趾発生の腱鞘巨細胞腫に対する治療成績

川上 洋平, 森下 雅之, 河本 旭哉, 原 仁美, 藤田 郁夫, 藤本 卓也, 藤原 周一, 北山 和道, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1368 - S1368 2019年6月

骨肉腫に対する徐放化抗癌剤抱合血管内皮前駆細胞を用いた新規がん治療法の開発

川上 洋平, 河本 旭哉, 伊井 正明, 原 仁美, 藤原 周一, 北山 和道, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1485 - S1485 2019年6月

骨巨細胞腫に対する治療成績

川上 洋平, 森下 雅之, 河本 旭哉, 原 仁美, 藤田 郁夫, 藤本 卓也, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1361 - S1361 2019年6月

骨肉腫に対する徐放化抗癌剤抱合血管内皮前駆細胞を用いた新規がん治療法の開発

川上 洋平, 河本 旭哉, 伊井 正明, 原 仁美, 藤原 周一, 北山 和道, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1485 - S1485 2019年6月

手指、足趾発生の腱鞘巨細胞腫に対する治療成績

川上 洋平, 森下 雅之, 河本 旭哉, 原 仁美, 藤田 郁夫, 藤本 卓也, 藤原 周一, 北山 和道, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

日本整形外科学会雑誌 93(6) S1368 - S1368 2019年6月

BMP2導入前十字靭帯(ACL)由来幹細胞移植はラットACL再建術における移植腱の治癒を促進する

川上洋平, 小林真, 小林真, 高山孝治, 高山孝治, 松本知之, 黒田良祐, 黒坂昌弘, FU Freddie, HUARD Johnny

再生医療 15 274 2016年2月1日

徐放化抗癌剤抱合血管内皮前駆細胞を用いた新しい骨肉腫治療法の開発

川上洋平, 伊井正明, 松本知之, 秋末敏宏, 浅原孝之, 田畑泰彦, 朝日通雄, 黒田良祐, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 88(3) S645 2014年3月12日

血管内皮前駆細胞におけるSDF‐1/CXCR4シグナルは骨折治癒において血管・骨新生を制御する

川上洋平, 伊井正明, 松本知之, 川本篤彦, 美舩泰, 黒田知也, 庄司太郎, 朝日通雄, 浅原孝之, 黒田良祐, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 88(2) S458 2014年3月5日

血管内皮細胞におけるSDF‐1/CXCR4シグナルは骨折治癒過程で血管・骨新生を制御する

川上洋平, 黒田知也, 松本知之, 伊井正明, 川本篤彦, 美舩泰, 庄司太郎, 福井友章, 黒田良祐, 浅原孝之, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 87(2) S288 2013年3月5日

体外培養増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞を用いた難治性骨折に対する新規治療法の開発

川上洋平, 伊井正明, 松本知之, 川本篤彦, 庄司太郎, 美舩泰, 福井友章, 黒田良祐, 浅原孝之, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 87(2) S289 2013年3月5日

細胞内アダプター蛋白Lnkの局所制御による早期の血管新生を通じた骨折治癒促進の可能性

川上洋平, 伊井正明, 松本知之, 川本篤彦, 美舩泰, 庄司太郎, 福井友章, 秋丸裕司, 黒田良祐, 浅原孝之, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 87(2) S239 2013年3月5日

TKA術前後における大腿骨と脛骨の回旋相互関係:CTを用いた新しい評価法の検討

川上洋平, 平中崇文, 飛田祐一, 松田茂, 上本晴信, 土井田稔, 辻光男

日本人工関節学会プログラム・抄録集 43rd 461 2013年

アテロコラーゲンを用いた細胞内アダプター蛋白Lnkの局所制御による血管・骨新生促進を介した骨折治療法

川上洋平, 松本知之, 伊井正明, 川本篤彦, 黒田良祐, 庄司太郎, 美舩泰, 福井友章, 浅原孝之, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 86(8) S1058 2012年8月25日

体外培養増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞の局所投与は骨折治癒を促進する

川上洋平, 伊井正明, 松本知之, 川本篤彦, 黒田良祐, 庄司太郎, 美舩泰, 福井友章, 浅原孝之, 黒坂昌弘

日本整形外科学会雑誌 86(8) S1059 2012年8月25日

骨折治癒過程におけるSDF‐1/CXCR4シグナルを介した血管内皮前駆細胞による血管・骨新生の制御

川上洋平, 黒田知也, 松本知之, 美舩泰, 庄司太郎, 福井友章, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

日本整形外科学会雑誌 86(8) S1059 2012年8月25日

体外培養増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞を用いた難治性骨折の新規治療法

上洋平, 伊井正明, 松本知之, 川本篤彦, 庄司太郎, 福井友章, 美舩泰, 秋丸裕司, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 11 239 2012年5月16日

Lnkの局所制御による血管・骨新生促進を通じた骨折治癒促進効果

川上洋平, 松本知之, 伊井正明, 川本篤彦, 美舩泰, 福井友章, 庄司太郎, 秋丸裕司, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 11 265 2012年5月16日

細胞内アダプター蛋白質Lnkの局所制御による,早期の血管新生を通じた骨折治癒促進の可能性

川上洋平, 松本知之, 川本篤彦, 伊井正明, 美舩泰, 福井友章, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

日本整形外科学会雑誌 85(8) S1214 2011年8月25日

体外増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞を用いた難治性骨折に対する新規治療法

川上洋平, 松本知之, 川本篤彦, 伊井正明, 美舩泰, 福井友章, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

日本整形外科学会雑誌 85(8) S1202 2011年8月25日

骨髄由来CD34陽性細胞の間葉系細胞への分化能に関する検討

川上洋平, 川本篤彦, 伊井正明, 庄司太郎, 松本知之, 福井友章, 美舩泰, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 10 244 2011年2月1日

Lnkの局所制御による,早期の血管新生を通じた骨折治癒促進の可能性

川上洋平, 川本篤彦, 伊井正明, 松本知之, 美舩泰, 福井友章, 黒田良祐, 高木智, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 10 226 2011年2月1日

培養増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞を用いた難治性骨折の新規治療戦略

川上洋平, 川本篤彦, 伊井正明, 庄司太郎, 松本知之, 福井友章, 美舩泰, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 10 244 2011年2月1日

膝前十字靱帯再建術におけるナビゲーションシステムの有用性

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 辻充男, 黒坂昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53 195 2010年9月1日

小児化膿性肩関節の2例

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 黒坂昌弘, 辻充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53 75 2010年9月1日

体外増幅ヒトCD34陽性細胞を用いた難治性骨折に対する新規治療法の開発

川上洋平, 庄司太郎, 松本知之, 美舩泰, 川本篤彦, 伊井正明, 福井友章, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

日本整形外科学会雑誌 84(8) S1083 2010年8月25日

培養増幅ヒト骨髄由来CD34陽性細胞のラット難治性骨折モデルにおける局所移植治療効果の検討

川上洋平, 庄司太郎, 川本篤彦, 松本知之, 伊井正明, 福井友章, 美舩泰, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 9 257 2010年2月5日

ヒト骨髄由来CD34陽性細胞の間葉系細胞への分化能に関する検討

川上洋平, 庄司太郎, 川本篤彦, 松本知之, 伊井正明, 福井友章, 黒田良祐, 黒坂昌弘, 浅原孝之

再生医療 9 296 2010年2月5日

BiCONTACTを用いた人工股関節全置換術の中期成績

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 松崎時夫, 蓑田正也, 辻充男

日本人工関節学会誌 39 166 - 167 2009年12月1日

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘を用いた骨接合術の治療経験と成績不良因子の検討

川上 洋平, 平中 崇文, 上本 晴信, 飛田 祐一, 戸田 光紀, 辻 充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6) 1299 - 1300 2009年11月1日

大腿骨頸部内側骨折に対するDual SC Screwを用いた骨接合術の治療成績

川上洋平, 平中崇文, 戸田光紀, 辻充男

Hip Joint 35 394 - 397 2009年10月31日

腿骨頸部内側骨折に対する Dual SC Screw を用いた骨接合術の治療成績

川上 洋平, 平中 崇文, 戸田 光紀, 辻 充男

Hip joint 35 394 - 397 2009年10月31日

Fluoroscopic‐Based Navigation systemを用いた膝前十字靱帯再建術の治療経験

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 松崎時夫, 蓑田正也, 辻充男

JOSKAS 34(3) 319 2009年6月1日

大腿骨頚部骨折に対する Dual SC Screw の治療経験

川上 洋平, 平中 崇文, 上本 晴信, 飛田 祐一, 戸田 光紀, 辻 充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(3) 657 - 658 2009年5月1日

上腕骨近位端骨折に対するポララスネイルを用いた骨接合術の治療経験と成績不良例の検討

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 辻充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52 83 2009年3月1日

大腿骨頚部骨折に対するDual SC Screwの治療経験

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 辻充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(3) 657-658 (J-STAGE) 2009年

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘を用いた骨接合術の治療経験と成績不良因子の検討

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 辻充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6) 1299-1300 (J-STAGE) 2009年

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘を用いた骨接合術の治療経験と成績不良因子の検討

川上 洋平, 平中 崇文, 上本 晴信, 飛田 祐一, 戸田 光紀, 辻 充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6) 1299 - 1300 2009年

大腿骨頚部骨折に対するDual SC Screwの治療経験

川上 洋平, 平中 崇文, 上本 晴信, 飛田 祐一, 戸田 光紀, 辻 充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(3) 657 - 658 2009年

大腿骨頚部骨折に対するDual SC Screwの治療経験

川上洋平, 平中崇文, 上本晴信, 飛田祐一, 戸田光紀, 辻充男

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 51 180 2008年9月1日

人工股関節術後の骨折の治療 大腿骨ステム周囲骨折に対する治療経験

川上洋平, 澤村悟, 櫻井敦志, 島直子, 川北晃平, 乾淳幸, 矢野智則, 織邊隆

臨床整形外科 43(7) 663 - 667 2008年7月25日

大腿骨ステム周囲骨折に対する治療経験 (シンポジウム 人工股関節術後の骨折の治療)

川上 洋平, 澤村 悟, 櫻井 敦志

臨床整形外科 43(7) 663 - 667 2008年7月

大腿骨ステム周囲骨折に対する治療経験

川上洋平, 澤村悟, 櫻井敦志, 島直子, 川北晃平, 乾淳幸, 庄智矢

骨折 29(Supplement) S133 2007年5月10日

環指深指屈筋腱皮下断裂の1例

川上洋平, 藤岡宏幸, 牧野健, 国分毅, 名倉一成, 黒坂昌弘

整形外科 58(5) 538 - 540 2007年5月1日

臨床室 環指深指屈筋腱皮下断裂の1例

川上 洋平, 藤岡 宏幸, 牧野 健

整形外科 58(5) 538 - 540 2007年5月

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘による骨接合術

川上 洋平, 坂井 宏成, 藤岡 宏幸, 牧野 健, 国分 毅, 黒坂 昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(3) 447 - 448 2007年5月1日

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘による骨接合術

川上洋平, 坂井宏成, 藤岡宏幸, 牧野健, 国分毅, 黒坂昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(3) 447-448 (J-STAGE) 2007年

正中神経に発生した蔓状神経鞘腫の1例

川上洋平, 秋末敏宏, 河本旭哉, 藤本卓也, 原仁美, 今堀正也, 黒坂昌弘

整形外科 58(1) 31 - 34 2007年1月1日

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘による骨接合術

川上 洋平, 坂井 宏成, 藤岡 宏幸, 牧野 健, 国分 毅, 黒坂 昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(3) 447 - 448 2007年

臨床室 正中神経に発生した蔓状神経鞘腫の1例

川上 洋平, 秋末 敏宏, 河本 旭哉

整形外科 58(1) 31 - 33 2007年1月

Vacuum‐assisted closureを用いて治癒しえた膝蓋骨骨折術後広範囲軟部組織欠損の1例

川上洋平, 三輪雅彦, 酒井良忠, 深澤高広, 大江啓介, 黒坂昌弘, 宮村卓, 田原真也

整形外科 57(13) 1737 - 1740 2006年12月1日

臨床室 Vacuum-assisted closureを用いて治癒しえた膝蓋骨骨折術後広範囲軟部組織欠損の1例

川上 洋平, 三輪 雅彦, 酒井 良忠

整形外科 57(13) 1737 - 1740 2006年12月

上腕骨近位端骨折に対するT2上腕骨髄内釘システムの治療経験

川上洋平, 坂井宏成, 藤岡宏幸, 牧野健, 国分毅, 黒坂昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49 119 2006年9月1日

手三角骨偽関節の1例

川上洋平, 藤岡宏幸, 牧野健, 坂井宏成, 国分毅, 名倉一成, 豊川成和, 黒坂昌弘

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(5) 984 2006年9月1日

VAC(Vaccum assisted closure)を用いて治癒し得た膝蓋骨骨折術後広範囲軟部組織欠損の1例

川上洋平, 三輪雅彦, 酒井良忠, 深沢高広, 大江啓介, 黒坂昌弘, 宮村卓, 寺師浩人, 田原真也

中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(1) 189 2006年1月1日

上腕骨近位端骨折に対するT2上腕骨髄内釘システムの治療経験

川上 洋平, 坂井 宏成, 藤岡 宏幸, 牧野 健, 国分 毅, 黒坂 昌弘

中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集 107 313 - 313 2006年

-書籍等出版物-

血管再生治療 現状から未来を展望する
川上 洋平(担当:分担執筆, 範囲:血管内皮前駆細胞とLnk)
かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top