かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック

垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約
2020.11.16

インフルエンザの予防接種を引き続きおこなっております。 ご予約は不要です。
インフルエンザのみの受診も可能です。

2020.11.11

当クリニックがビバニュータウン11月号の編集室「おすすめファイル」に取り上げられました。

ビバニュータウン11月号記事 >>>

2020.10.22

10月21日 院長監修の記事「膝が痛い原因は?症状チェックリスト・対処法も」が「50代からも輝く女性に ハルメクWEB」に掲載されました。

詳しくはこちら >>>

2020.10.19

開院以来、多くの患者様にご来院いただき心より感謝申し上げます。また、電子カルテへの移行等に伴い患者様におかれましては待ち時間が長くなり誠に申し訳ありません。
オンライン診療と通常診療の対面診療の予約(しばらく木曜午後のみ)を開始致しました。徐々に予約枠を増やして参ります。

2020.10.17

本日より経験豊富な国家資格を有した作業療法士が毎週土曜日に勤務します。肩(かた)、肘(ひじ)、手の痛みでお困りの方はぜひ受診ください!

2020.10.16

院長がアドバイザーとして監修したぎっくり腰の記事が、Yahoo!トピックス(科学)に掲載されました。
オトナンサー >>>  ●Yahoo!ニュース >>>

2020.10.15

院長の論文が英文雑誌JBJS Case Connector (JBJS CC)に掲載されました。詳しくはこちら >>>

2020.10.02

今月のハルメクwebに院長監修の記事が掲載されました。

詳しくはこちら >>>

2020.10.02
10月2日(金)よりインフルエンザ予防接種開始いたしました。
2020.10.02
2020年10月2日(金)開院いたしました。
2020.09.26
2020年9月26日(土)内覧会を開催いたしました。
初めて受診される方へ
当院の感染対策について
かわかみ整形外科クリニック 診療時間

〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15

パーキングアイコン無料駐車場8台

診療時間・MAPを見る

 
かわかみ整形外科クリニック ロゴマーク
Kawakami Orthopaedic Clinic
すべての患者さまが笑顔に
なれるクリニックに
当院、かわかみ整形外科では一般的な整形外科に対する治療に加え、リウマチ外来、エコーを用いたスポーツ障害、外傷の診断、骨粗鬆症治療、理学療法士マンツーマンでの運動器リハビリ治療、運動指導により、身体機能の改善、回復に努めています。

整形外科・スポーツ整形

整形外科・スポーツ整形イメージ写真

Orthopedics

捻挫・骨折などの急性疾患から、加齢に伴う変形性関節症や脊椎の痛みなどの慢性疾患まで診断、治療。頭部を除く首から下の全身の骨・関節・神経・筋肉などの診療。小児整形、外傷、腫瘍、痛風のような全身疾患、うおのめなどまで総合的に診断し治療します。

スポーツ外傷に対して機能回復と早期スポーツ復帰を目指した特別メニューで治療を行っています。競技レベルの方へのスポーツ復帰までのサポートも行っています。

リウマチ科

リウマチ科イメージ写真

Rheumatism

関節リウマチは、膠原病(こうげんびょう)の一種で、あらゆる関節に痛みや腫れ、こわばりを起こして徐々に骨を壊してしまう病気です。早期からの治療によって進行を抑制できることが明らかになっています。

 

当院では、関節リウマチの痛みをとるだけでなく、関節の変形や破壊を遅らせ、生活の質が下がらないような治療を行っています。 関節の痛みや、「これはリウマチなの?」と不安がある方はお気軽にご相談ください。

リハビリテーション科

リハビリテーション科イメージ写真

Rehabilitation

手術後の患者様や、診察・検査の結果、リハビリテーションが必要な患者様に対して、患者様と相談した上で常勤の理学療法士(PT)や作業療法士(OT)による運動療法や、物理療法(牽引、電気治療等)、機能訓練を行っています。

 

頚部痛、肩こり、四十肩、五十肩、腰痛、肘や膝などの関節痛、スポーツ障害、骨折後、歩行不安定、ロコモティブシンドロームなどの、様々な疾患に対する治療を行います。

Sports Orthopaedic Clinic

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは、あらゆるレベルや年代の選手に対して診察や治療を行い、早期にスポーツへの復帰を目指していく診療科のことです。

同じスポーツを長期間続けると、体の一定部位に負担がかかってしまうことがあります。そうして起こる障害をスポーツ障害と呼びます。

スポーツ障害においても、初期治療が大切です。けがや痛みを放置することでさらに症状が悪化し、パフォーマンスの低下を引き起こすだけではなく、長期休養を余儀なくされることがあります。 些細なことでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

垂水区の「かわかみ整形外科」はアスリートやスポーツを愛する人を応援しています。

スポーツを長く続けるためには、ご自身の身体の状態を知り、スポーツをする前後に予防やケアをしていかれることをお勧めいたします。予防やケアをすることでスポーツを快適に行なえ、ご自身がめざす記録をのばしたり、成績をのこす事ができます。また、身体に痛みや故障・怪我がなく長くスポーツが続けられます。

当院には常勤の理学療法士が在籍しており、多様なスポーツ種目にも専門的に対応させていただきます。

ヴィッセル神戸サポートファミリーバナー

かわかみ整形外科クリニックは、ヴィッセル神戸の

サポートファミリーです。

診療案内を見る
膝・肩・股関節などの骨のイメージイラスト

About us

かわかみ整形外科について

当院では一般的な整形外科に対する治療に加え、リウマチ外来、最新のエコーを用いたスポーツ障害、外傷の診断、骨粗鬆症治療を実施しております。

またリハビリ施設には多くの最新機器を取り揃え、理学療法士によってマンツーマンのよるきめ細やかな運動器リハビリ治療、運動指導により、身体機能の改善、回復に努めております。

痛みを我慢して生活している方、原因がわからずに不安を抱えている方、長年の症状が改善せず諦めかけておられる方、クリニックの敷居が高く受診をためらっている方、是非一度当院を受診してみてください。

 

私たちは垂水区や明石市、神戸西区など地域の皆様方の健康を願い、安心と信頼ある医療を提供できるクリニックを目指し、押し付ける治療ではなく、患者様の立場にたって寄り添えるよう努めてまいります。

何かお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 
整形外科の代表的な病気と治療イメージアイコン
Orthopedic surgery
整形外科の
代表的な病気と治療
関節の病気、腰痛、肩こり、関節など加齢性の関節痛、腕が上がらない 手足がしびれる、膝が痛い、骨折、野球やランニングなどによるスポーツ障害など、整形外科・スポーツ整形外科の代表的な病気の解説・原因、当院での治療・予防方法について。

腰痛(筋・筋膜性腰痛症)

Myofascial lumbago

腰痛・肩こりは日本人が感じる体の不調のトップ2です。現代人の生活様式は長時間同じ姿勢を保つ仕事に就いている方が多く、腰痛の発生に大きく影響しています。

筋・筋膜性腰痛症は、スポーツ活動等によって起こる腰の筋膜や筋肉の損傷による腰痛の一種です。

 

当院では、強い痛みに対してはトリガーポイント注射、各種ブロック注射、点滴注射、エコーガイド下のハイドロリース(筋膜リリース)なども組み合わせることで効果的に、できるだけ早く痛みを解消できるようにしています。

肩こり

Stiff shoulders

肩こりは、首や背中が緊張するような姿勢での作業(デスクワークや、長時間のパソコンによる不良姿勢)、姿勢の良くない人(猫背・前かがみ)、運動不足、精神的なストレス、なで肩、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバッグ、冷房や冷えなどが原因になります。その他に頸椎疾患に付随して肩こりが生じることがあります。

 

肩こりは治療を受けることで改善することができます。

日常的によくある不調とあきらめず、ご相談にいらしてください。

膝半月板損傷

Knee meniscus injury

半月板は内側と外側に1枚ずつある膝の関節の中にある軟骨で、太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)からなる関節面に介在して膝の動きをスムーズにしたり、膝関節の動きに際して膝関節を安定させたりするとともに、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッション的な役割(衝撃吸収)を果たしています。

 

この半月板が、スポーツ活動などによって膝をひねったときにストレスでこすれて損傷(断裂)することがあります。半月板を損傷すると膝関節の疼痛や運動制限が発生します。

整形外科の病気を見る

■外国人の患者様の診察 English speaking doctor and clinic

For foreign patients 英語対応可能 (Possible for English)
来日されている外国人の方々が神戸には沢山いらっしゃいます。ご安心してご相談ください。
当医院は英語対応いたします。英語での診察を受けることが可能です。
診断書や紹介状も英語で作成いたします。

It is possible to receive medical examinations in English.
Medical certificates and letters of introduction will also be created in English. It may take a few days.
One of the challenges in living in a foreign country is finding a doctor/hospital that can help you in your native language for regular checkups, or when an emergency occurs/injuries.
We always attend to patients with courtesy and kindness. Feel free to consult with us about any condition bothering you.
No Reservation required, we welcome walk-in's.
We can accommodate English/Japanese speaking patients.
We can write medical referral letter and medical certificate in English. It could take several days.

かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top