かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック
垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約

-診療ご案内-

当院の主な診療

Clinic outline

垂水区 かわかみ整形外科クリニックTOP > 診療ご案内 > 当院の主な診療

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 かわかみ整形外科クリニック|当院の主な診療-診療のご案内

当院の主な診療 アイコン
Clinic outline
かわかみ整形外科クリニックは、整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科として、お子様からご高齢の方まで創傷いわゆる皮膚表面の擦りキズや切りキズ、捻挫などの外傷をはじめ、肩こりや腰痛、四肢の関節痛、スポーツ外傷・障害、筋肉痛など様々な整形外科疾患やリウマチ疾患、交通事故や労務災害による負傷などの診断・治療を行っております。
整形外科一般

頭部を除く首から下の全身の骨・関節・神経・筋肉などを幅広く診療いたします。
脱臼、切り傷、打撲などの外傷の治療の他、肩こりや腰痛、膝痛手足の痺れなど、日常的に起こる体の痛みや違和感、お困りのことがあればご相談ください。

【主な病気・症状】

打撲、捻挫などの外傷(ケガ)、上肢、下肢、体幹部の骨折、骨粗しょう症、ロコモティブシンドローム、陥入爪、巻き爪、たこ、ウオノメ、交通事故による負傷、労務災害による負傷など

 

関節の病気:股関節、膝関節、足関節、肩関節、肘関節、手関節などの加齢性の関節症など
脊椎脊髄の病気:頚椎、胸椎や腰椎部の痛み、変形、下肢のしびれ、骨粗しょう症など
上肢の病気:肩部、肘部の痛み、手や手首の痛みやしびれ・腫れ、変形、腱鞘炎、運動障害、など
下肢の病気:股関節から足先までの痛み、変形、しびれ、膝の痛み、運動障害、など

かわかみ整形外科 院長 川上洋平の診察風景写真

痛みの治療-神経ブロック療法

仙骨硬膜外ブロック、腰部硬膜外ブロック、腰椎椎間関節ブロック、神経根ブロックなどの各種ブロック療法を用いて痛みに対する治療も行っております。

「痛み」がおこると、痛みによる緊張で血行が悪くなり、さらに痛みの原因となる物質が生まれたり、痛みを伝える新たな神経経路が発生する悪循環が起こります。
「痛み」は一人ひとりつらさが違いますし、ご本人でなければ、そのつらさはわからないものです。当院では患者さまの症状、訴えに合わせて、神経ブロック療法、薬物療法、物理療法などを組み合わせ、もっとも良く痛みを取れる治療を行います。

骨軟部腫瘍

骨や軟部組織(皮膚、脂肪、筋肉など)に発生したデキモノのことです。デキモノとひとくちでいっても良性のものもあれば悪性のものもあります。

痛みなどの症状がないことも多く、ついついそのままになっていませんか?
デキモノの中には放置しておくと生命の危険のある悪性のものもあります。
ほったらかしにせず、まずは整形外科に相談ください。
当院では診療、診断が難しい、骨軟部腫瘍については神戸大学附属病で診療に携わった経験から、エックス線写真、エコー検査、CT、MRIによって適切な診断や治療のアドバイスを行い、専門の治療が必要な場合は責任をもって、神戸大学附属病院や兵庫県立がんセンターにと連携して治療にあたります。

小児整形疾患

お子様の運動器に生じた障害や疾患についての診察・治療を行います。子どもの発育や骨格は個体差が大きく正常範囲が広い一方で、大人には起こらないような成長期特有の病気やけががあります。

当院は、発達段階にある子どもの成長過程をよく踏まえながら診療いたします。
先天性股関節脱臼や内反足といった小児の運動器疾患を専門的に治療します。
特殊な障害や疾患で入院治療や手術が必要な場合は、小児整形外科専門の病院も紹介させていただきます。
神戸大学の関連病院であるこども病院と連携して最適な治療法を提示します。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は病気や薬剤性のものを除くと、主に加齢が原因で骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
早期発見、早期治療をすれば、十分防ぐことができる病気です。

当院では、骨粗しょう症の予防と治療ガイドラインで推奨されている方法(DXA法)で骨密度測定を行い、骨粗しょう症の診断を行います。
その上で、安全に長期継続しやすい薬物を選択して治療を行います。
薬物の他、運動療法で生活習慣を改善る取り組みも併せて行います。
当院では、骨密度測定を行い、 また採血で骨代謝マーカー(骨形成:P1NP, 骨溶解:TRACP-5b)、カルシウム値なども測定し、骨の新陳代謝までチェックいたします。

交通事故・労働災害

交通事故(追突事故など)に遭われた方、労働者が労務に従事していたことによって被った負傷、疾病などに対応しています。

いわゆる「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や打撲、骨折をはじめ、交通事故に伴う様々な外傷や痛み、体の不調などがある場合、X線などの検査の結果、症状にあわせ適切な治療をいたします。交通事故による手術後のリハビリでお悩みの方も遠慮なくご相談ください。

通勤途中や作業中、出張中などに起こったケガや病気など、労務に従事していたことによって被った負傷、疾病も労災指定医療機関として対応いたします。

お気軽にご相談ください。

予防接種

予防接種はワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽症で済むようにします。お気軽にご相談ください。

インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を行っています。

・インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。

・肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。65歳以上の方や慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。

リウマチ科イメージ写真
リウマチ科

関節リウマチは、関節リウマチは、膠原病(こうげんびょう)の一種で、あらゆる関節に痛みや腫れ、こわばりを起こして徐々に骨を壊してしまう病気です。
関節の痛みや、「これはリウマチなの?」と不安がある方はお気軽にご相談ください。

X線上でリウマチの骨破壊が起こる以前の早期診断としては、「リウマチ医の聴診器」とも言われている関節エコー(超音波)や、提携医療機関での手のMRI検査などから、総合的に診断します。
リウマチ治療の3本柱として、関節の炎症を薬で抑えていく「薬物療法(内科的療法)」、患部を温めたり、関節を動かしたり、こわばりや痛みを軽減する「リハビリ療法」、すでに破壊されてしまい、痛みや可動域制限を伴った関節の場合の「手術療法」があります。
手術が必要と判断した場合は、専門病院をご紹介いたします。
当院の院長は、日本整形外科学会認定リウマチ医、リウマチ財団登録医です。
スポーツ整形外科

あらゆるレベルや年代のアスリートやスポーツ愛好家の方々のスポーツ障害に対する診療・治療、アスリートへの早期復帰を目指した治療を行う診療科です。
また、理学療法士による多様なスポーツ種目のパフォーマンス向上のためのストレッチ指導や動作フォームチェックなどもおこなっています。

スポーツ傷害においても初期治療が大切です。けがや痛みを放置することでさらに症状が悪化し、パフォーマンスの低下を引き起こすだけではなく、長期休養を余儀なくされることがあります。
お子様の場合は、その後の成長にも悪影響を及ぼす場合があり、特に注意が必要です。
行うスポーツの種類、その時の年齢や性別によってけがの好発部位や障害内容が変わってきます。
些細なことでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
当院では、早期の復帰を目指して、理学療法や装具療法、手術療法など総合的な治療を行っています。
また、学生の方のスポーツ障害の予防と治療、試合などへの帯同なども行っています。

スポーツ整形外科イメージ写真
リウマチ科イメージ写真
リハビリテーション科

診察・検査の結果リハビリテーションが必要な患者さまに対しリハビリテーションの専門科である理学療法士(PT)・作業療法士(OT)による様々なアプローチからなる運動器リハビリテーションを積極的に提供しております。

牽引(けんいん)治療器、低周波・マイクロ波やホットパックなどの温熱治療、ウォーターベッドなど様々な医療機器を設置し患者様の症状に合わせて、これらの機器を組み合わせた物理療法を行っています。

 

また、国家資格を有する理学療法士が骨折、変形性関節症、腰痛、肩痛などの様々な疾患により、痛みや機能障害による運動機能の低下、日常生活が困難な方に対して、運動療法・理学療法を行っています。
けがで体がよく動かない・体を動かすと痛みがはしる・スポーツ活動に早く復帰したい・手術後のリハビリテーションなど骨折などによって生じた機能障害などでお困りの方はご相談ください。

装具外来

膝が痛い、腰が痛いといった場合、しばしば関節用サポーターやコルセット等の装具を処方します。

うまく装具を装着することで、症状の緩和や悪化の予防が期待できます。
当院では、随時装具の相談を承っております。

■装具診察(予約制)
金曜9:00~10:00

オーダーメイドの装具採型・採寸をいたします。

足・くつ外来

外反母趾、扁平足など足の疾患でお悩みの方には義肢装具士の協力による、快適で健康的なオーダーメイドの中敷き(インソール)や整形外科治療靴を提供します(保険適用)。

まき爪には特殊なプレートやワイヤーなどによる爪矯正もあります(自費)
※足部の痛みだけでなく、腰を含めた下半身の痛みや歩き方の異常は個人にあった靴をはくだけで解決することがあります。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の方法、他の治療法の選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に意見を聞くことを言います。

医学は完全ではありませんし、画一的なものでもありません。他の医療機関にかかられているかたのセカンドオピニオンを引き受けさせていただいております。

また反対に当院にかかられているかたにもセカンドオピニオンを得ることをお勧めします。ご希望の場合は、予約診察の木曜午後のご予約をお勧めいたします。

紹介先・提携病院について

手術など専門的治療が必要な時は地域の基幹病院・専門医療機関に適宜ご紹介させていただいております。
CT、MRIが必要と判断した場合は、近くの神戸掖済会病院、神戸徳洲会病院、佐野病院、名谷病院またはその他の関連病院で検査し当院でご説明いたします。

神戸大学附属病院、神戸掖済会病院、神戸市立西神戸医療センター、国立病院機構神戸医療センター、新須磨病院、兵庫県立こども病院、兵庫県立がんセンター、兵庫県立リハビリテーション中央病院、神戸大学附属国際がん医療・研究センター(ICCRC)、北播磨総合医療センター、あんしんクリニック、神戸徳洲会病院、佐野病院、神戸労災病院、神戸海星病院、名谷病院、舞子台病院、兵庫医科大学病院、松原メイフラワー病院など
その他、垂水区医師会の優秀な先生方や、神戸大学医学部附属病院とも連携しております。

連携・提携病院、診療所

  • 神戸大学医学部附属病院
  • 神戸掖済会病院
  • 神戸市立西神戸医療センター
  • 国立病院機構神戸医療センター
  • 新須磨病院
  • 兵庫県立こども病院
  • 兵庫県立がんセンター
  • 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  • 神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)
  • 北播磨総合医療センター
  • 神戸徳洲会病院
  • 佐野病院
  • 神戸労災病院
  • 神戸海星病院
  • 名谷病院
  • 舞子台病院
  • 兵庫医科大学病院
  • 松原メイフラワー病院
  • あんしんクリニック
  • いけだ皮フ科クリニック
  • いしもと整形外科リハビリクリニック
  • いしだクリニック
  • おかだ整形外科
  • 小川内科クリニック
  • かなもり眼科クリニック
  • かねこ内科循環器クリニック
  • きしもと整形外科・リハビリテーション科クリニック
  • こんどう泌尿器科クリニック
  • つくだ整形外科
  • フェニックス岩岡クリニック
かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top