かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック
垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約

-整形外科の病気-

橈骨遠位端骨折(手首の骨折)

Orthopedic surgery

垂水区 かわかみ整形外科クリニックTOP > 整形外科の病気 > 橈骨遠位端骨折

垂水区 かわかみ整形外科クリニック|整形外科の病気-橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたん骨折)手首の骨折

手・手首アイコン
Distal radius fracture
橈骨遠位端骨折(手首の骨折)
(とうこつえんいたんこっせつ)

手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところで折れる骨折です。

 

特に閉経後の中年以降の女性では骨粗鬆症で骨が脆くなっているので、折れやすく、若い人でも高い所から転落して手をついたときや、交通事故などで強い外力が加わると起きます。

子供では橈骨の手首側の成長軟骨板のところで骨折が起きます。

前腕のもう一本の骨である尺骨が同時に折れる場合もあります。

橈骨遠位端骨折(手首の骨折)のイメージイラスト

症状

手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れて来ます。

けがの仕方によって違いますが、手のひらをついて転んだあとでは食器のフォークを伏せて置いたような変形が見られます。

手がブラブラで力が入らず、反対側の手で支えなければならなくなります。

ときには、折れた骨や腫れによって正中神経が圧迫され母指(親指)から薬指がしびれることもあります。 その他、熱感、皮下出血が生じます。

橈骨遠位端骨折 症状フォークを伏せておいたような変形のイラスト日本手外科学会「手外科シリーズ 13」から画像引用

診断

X線(レントゲン)検査:橈骨の手首側のところに骨折が見られます。

手首側の骨片が手の甲の方向にずれているものは、colles(コレス)骨折、手のひら側にずれているものはsmith(スミス)骨折と言われています。

CTで詳しく調べることもあります。

問診や診察(触診)で神経損傷などの合併症がないか確認していきます。

 

手首の骨折 診断イラスト日本手外科学会「手外科シリーズ 13」から画像引用

治療

子供の骨折は、骨片の整復が不完全でも自家矯正力が旺盛で、骨の癒合も早いので通常手術を必要としません

ギプス固定

先ず、麻酔で痛みをとってから、ずれた骨片を元に戻す整復操作を行ないます。骨片がずれないときは、そのままギプスやギプスシーネで固定し、患部の安静を図ります。

物理療法

超音波療法により骨折部位、損傷した組織の治癒の促進を促します。

 

 

運動療法

治癒経過に合わせた可動域訓練や筋力増強運動を行っていきます。

 

手術療法

骨折の程度により手術を行うこともあります。

手術にはX線で透視しながら、鋼線を刺入して骨折部を固定する経皮鋼線刺入法や手前の骨片と手首側の骨片にピンを刺入してそれに牽引装置を取り付ける創外固定法と、骨折部を直接開けて骨片を整復してプレート固定する方法があります。

手首の骨折治療のイメージ写真

リハビリ
テーション

固定期間中から手指、肘、肩関節の関節運動のリハビリテーションを行うと固定除去後の手関節の動きが良好で、手指が固くなる事が予防されます。

固定期間は骨折の程度により様々です。固定除去後より手関節の運動を開始していきます。

状態に合わせて、筋力訓練、日常生活指導なども行なっていきます。

患部の安静度や治療内容、日常生活動作などは医師がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。

手首の骨折治療のイメージ写真
かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top