かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック
垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約

整形外科の病気

Orthopedic surgery

垂水区 かわかみ整形外科クリニックTOP > 整形外科の病気

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 かわかみ整形外科クリニック|整形外科の病気

かわかみ整形外科クリニック ロゴマーク
Orthopedic surgery
整形外科の代表的な病気と治療
関節の病気、腰痛、肩こり、関節など加齢性の関節痛、腕が上がらない 手足がしびれる、膝が痛い、骨折、野球やランニングなどによるスポーツ障害など、整形外科・スポーツ整形外科の代表的な病気の原因や当院での治療・予防方法について解説しています。

橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)とは、、手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところで折れる骨折です。

変形性膝関節症は関節軟骨がすり減って摩耗し、変性、破壊が生じ、それに続発する関節周囲の骨増殖を伴う関節自体の慢性的な変性疾患です。ひざの痛みを起こす疾患でもっと多い疾患です。

 

40歳以上の男性に多く発症し、発症年齢のピークは60代といわれています。腱板断裂の背景には、腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれていますので、使い過ぎによってすり切れることがあります。

交通事故などで急激な力が体に加わると体が前後に大きく揺すられ、その結果上半身が前方に押し出され、細い首の上に乗った重い頭だけが後方へ残る状態になり、支持組織の弱い首の後に障害が出ます。

腰痛・肩こりは日本人が感じる体の不調のトップ2です。現代人の生活様式は長時間同じ姿勢を保つ仕事に就いている方が多く

首、肩、背中などの筋肉が硬くなり、首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りを伴うことがあります。

半月板は内側と外側に1枚ずつある膝の関節の中にある軟骨で、太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)からなる関節面に介在して膝の動きをスムーズにしたり、膝関節の動きに際して膝関節を安定させたりするとともに、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッション的な役割(衝撃吸収)を果たしています。
背骨に囲まれた管状の空間のことです。
背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。
かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top