かわかみ整形外科クリニックロゴマーク

かわかみ整形外科クリニック
垂水区 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
Kawakami Orthopaedic Clinic
お問合せ TEL 078-786-5688
WEB予約

-整形外科の病気-

肩こりとは

Orthopedic surgery

垂水区 かわかみ整形外科クリニックTOP > 整形外科の病気 > 肩こりとは

垂水区 かわかみ整形外科クリニック|整形外科の病気-肩こりとは

肩こり アイコン
Stiff shoulder
肩こりとは

首、肩、背中などの筋肉が硬くなり、首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りを伴うことがあります。

 

肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。
僧帽筋は首の後ろから肩、そして背中まで広がる大きな筋肉で、物を持ち上げる・引き寄せるなど日常的な動作に使われます。

肩こりに関与する筋肉のイメージイラスト

原因

筋肉は同じ姿勢を続けると緊張が続きます。

首や背中が緊張するような姿勢での作業(デスクワークや、長時間のパソコンによる不良姿勢)、姿勢の良くない人(猫背・前かがみ)、運動不足、精神的なストレス、なで肩、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバッグ、冷房や冷えなどが原因になります。
その他に頸椎疾患に付随して肩こりが生じることがあります。

首や背中が緊張するような姿勢のイメージ写真
パソコンで肩がこっているイメージイラスト

問診や神経学的診察、特に触診で肩周囲の筋肉(僧帽筋など)の圧痛と筋緊張、肩関節可動域や頚椎疾患のチェックなどで診断します。
X線(レントゲン)撮影のほか、必要によりMRI、筋電図、血圧測定などの検査も行います。

診断

頚椎疾患、頭蓋内疾患、高血圧症、眼疾患、耳鼻咽喉疾患、肩関節疾患の随伴症状としての「肩こり」も少なくありません。
しびれや、感覚障害がある場合にはMRIでの確認を行うことがあります。

予防

治療

肩こりは予防が大切です。同じ姿勢を長く続けない。
適度な運動や体操をする。
入浴し身体を温め、リラックスする。

薬物療法

消炎鎮痛の内服を行い疼痛の軽減を図ります。(シップ薬、筋弛緩薬、局所注射など)を行います。肩こりには「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」という漢方がおすすめです。

運動療法

マッサージ療法(筋肉の血流を改善させ、筋緊張をやわらげる)やストレッチを行い、凝り固まった筋肉の柔軟性を高めます。反動をつけたり、痛みを我慢して無理に力をいれて行うのは悪化させる恐れがあります。ストレッチは症状に合わせて指導させていただきます。また、日常生活や仕事の動作で首、肩筋肉に負担がかからないように指導しています。

物理療法

肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労をとる温熱療法や電気刺激療法により筋肉の緊張緩和を行います。

肩こり予防ストレッチのイメージイラスト

当院の
治療

原因となる疾患があればまずその治療を行います。
頚椎疾患、頭蓋内疾患、高血圧症、眼疾患、耳鼻咽喉疾患、肩関節疾患の随伴症状としての「肩こり」も少なくありません。
明らかな原因疾患があれば、その治療が必要です。

痛みの症状を和らげるために薬物療法、局所麻酔薬を神経の痛む場所に注射して痛みを解消する神経ブロック療法、筋膜の癒着をはがすハイドロリリース、筋膜リリースなどを行い、運動療法で可動域を回復させる治療を行います。

 

首や肩の痛みが、痛みのある局所の問題だけでなく、姿勢の悪さや、頚椎・胸椎の動きの悪さからきている場合もあります。全身の動きを徒手治療で整えながら運動療法を行うことで、より早期に痛みや可動域制限の問題を解決することが可能になります。

 

肩こりは医療機関で治療を受けることで改善することができます。
日常的によくある不調とあきらめず、ご相談にいらしてください。
治療内容などは整形外科医・機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。

肩こり予防ストレッチのイメージイラスト

超音波ガイド下 
ハイドロ(筋膜)リリース

肩や腕などに慢性的な痛みがある場合、押すと痛みが広がる硬いしこりのようなものがあります。
これをトリガーポイントといい、エコーを使った研究では筋膜上にあることがわかってきました。また筋肉のこりや、運動後の筋肉の痛みの多くは、筋膜が関係していることも明らかになってきました。
筋膜とは足から頭のほうまでつながった結合組織で、何層もの膜で構成されています。硬い組織で、これがスムーズに動くことで関節や筋肉がうまく動きますが、軽微な外傷や疲労が重なると筋膜同士が癒着してうまく動かなくなり、こりの状態になります。

 

そこで超音波装置エコーで見ながら(エコーガイド下)、この筋膜の癒着をはがすのが「ハイドロ(筋膜)リリース」です。
エコーで筋膜を確認しながら行う、痛みの治療で、患者様に負担の少ない画期的な治療法として今、注目されています。
当院では「ハイドロ(筋膜)リリース」をいち早く導入し痛みの軽減につなげています。

かわかみ整形外科クリニック
Kawakami Orthopaedic Clinic
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
院長 川上 洋平
〒655-0004 
神戸市垂水区学が丘4丁目15-15
TEL.078-786-5688
垂水区・須磨区・西区・明石地区など地域の皆さまの「整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・スポーツ整形外科」
WEB予約
お知らせ

page top